JOUNIOR TEAM POLICY

ジュニアチームにおける指導・育成理念と取り組み

学童部として活動するJr. チームのGOAL は、子どもたちがとにかく「野球を楽しむこと」「野球を好きになること」です。私たちが子供の頃、遊びの延長線上に野球があったように、夢中になって泥だらけになって遊んだ野球をあの頃と同じように楽しめる野球環境を作ることを目指しています。

1

野球を「やらせない」

学童世代にとって、野球は「たのしい遊び」であるべきだと考えていす。勝つこと、上手になることも大切ですが、そこをつきつめて野球を「やらされている」児童が多いように思います。まずは、友達同士で「野球をやりたい!」「野球が楽しい!」と思えるような環境の整備にこだわります。

2

オーダーは選手が決める

すべての試合というわけにはいきませんが、練習試合での守備位置・打順など選手同士で話し合って決められる機会を作るようにしています。こうすることで選手同士で考え、お互いを知り、コミュケーションをとりながら野球を楽しむことにつながっています。 監督が決めたオーダーで勝てず、選手が考えたオーダーで勝ってしまうことが意外と多いのはちょっとショックです。

3

技術・知識をしっかり伝える

「小学生だから難しいことはわからない」「大人でも難しいのに子供ができるわけない」少年野球の指導現場で頻繁に聞かれる話です。むしろ逆で、子供だからこそすぐにできるようになることの方がたくさんあります。当然、言葉だけでは伝わらないことは多いので必ず手本を見せたり、動画を撮影し説明するなど、あらゆる方法を駆使して、技術・知識をしっかり伝えるように心がけています。

野球と選手育成への思い

WIDLPITCH Coaching Mind

学童期はゴールデンエイジ

⼦どもの成⻑には段階があり、年齢によって伸びる能⼒が異なります。学童期の少年少女は、脳神経系が活発に発育する「ゴールデンエイジ」。運動が「できるようになる」能⼒、いわゆる「運動神経」がもっとも⾼くなる時期にあたります。この時期を逃すと⾝につけられないわけではありませんが、平衡感覚や俊敏性、多少複雑な動作を⾝につけるのに時間や労⼒がかかるようになってしまいます。

⼦どもは「できること」を楽しいと感じ、この時期にできることを多くすればするほど楽しさは膨らみ精神⾯の安定にもつながります。そして、中学⽣以降も楽しく運動を続けることにつながるというわけです。中学後半期には、持久⼒や筋⼒を磨き、学童で得た技術・体験をより洗練させ、さらに⾼いレベルでのプレーを習得できるようにサポートします。

また、脳神経の発育が活発ということは、物ごとを「考える力」も大きく成長します。野球は運動科学・技術的にも上半身・下半身、指の先まで様ざまな複雑な動きの集合運動で成り立っているだけでなく、ルールも複雑で多くの視覚・聴覚情報を同時に察知し、判断していかなければならないスポーツです。ですから、この野球というスポーツを学童期から思いっきり楽しむことが子どもたちの大きな成長へつながることは間違いないわけです。

では、「考える力」を伸ばすために、我々指導者が取り組むべきことはどんなことでしょうか?

WILDPITCH BASEBALL CLUBの指導者が重要視しているのは、「1000回の素振りよりも1000の言葉」です。
正確な知識・技術もなく、やみくもにバットを振り続けても決して野球は上手くなりません。
考え方、からだの使い方、言葉そのものの意味や趣旨を会話や身振り手振り、ときには動画を撮影して一緒に確認したりしながら、子どもたちが野球における共通言語で理解し会話することができるようにしつこく、じっくり、しっかりとコミュニケーションをとるようにしています。小学1年生でも中学生でも同じだと考えています。
理解して、考えてする1回スイングは、何も考えず、闇雲に続ける1000回の素振りに勝ります。

これが非常に大切なことなのです。

しかし、日本における多くの学童野球チームでは、「なんでできないんだ!?」「なぜ、言われたとおりやらないんだ!」と大きな声で怒声を浴びせ、「自分がやりたい野球」「自分が経験してきた指導」を児童に押しつけんとばかりに指導をする指導者がまだまだ多く存在しているのが実情です。

子どもたちは、指導者のこのような問いに対する答えは一切持っていません。一方で、こういった方々の「なぜできないのか?なぜやらないのか?」の問いに対する答えは明確です。それは子どもたちが「できるようになる」ためのプロセスを経験していないからです。また、一度できたといっても、学童期の子どもたちの身体は筋力や持久力もつきにくいため、「できる」身体の使い方を常に再現することができるわけではありません。

10回やって1回でもできれば「できる」ようにはなっているので、「できたことを認め」、「できないことを許す」指導をしなければ子どもたちは自信をもってチャレンジすることもできず、その結果、成長イメージがしぼんでしまい、「考えること」を放棄してしまいます。

本来、子どもたちの成長を促す立場である我々指導者が子どもたちを思考停止させる圧力をかけるようなことがあってはいけません。

かつて、私たちが道ばたでも、人数が足りなくても、道具が足りなくても、そこに仲間さえいれば打って、投げて、走って、夢中になった野球という「たのしい遊び」を通じて、子どもたちが成長するための環境を用意しサポートする。それがWILDPITCH BASEBALL CLUBの運営スタッフ、指導者スタッフの役割であり責任だと考えています。

学童・U-15との一貫した指導方針・体制

 WILDPITCH BASEBALL CLUBでは、学童チーム「WILDITCH Jr.」だけでなく、中学生世代の「WILDPITCH U-15」も併設しています。U-15監督である菊池 栄次郎を指導統括とし、学童期〜中学生世代の9年間における子供の成長過程をサポートする指導体制を整備しています。
とくに成長期・思春期にはいる小学6年生〜中学生世代においては、単に野球というスポーツにおける成果だけを追求するのではなく、心とからだのバランスに配慮し、フィジカル・コンディショニングトレーナーである佐藤 哲也、そして、NPBでプロ11年を過ごし、自らも現役時代に心とからだの不調で苦しんだ経験を持つスポーツメンタルコーチの今浪 隆博(北海道日本ハムファイターズ、東京ヤクルトスワローズ)によるサポートを取り入れております。
また、U-15チームの第1期生が高校生となる2023年度には、U-18世代チームの設立も視野に入れ、日本における旧態依然とした少年・学生野球環境の改革を目指して取り組んで参ります。

保護者の方々におきましては、安心してお子様をお預けいただき、そして、ぜひ、ご家族一体となって野球というスポーツを楽しんでいただければ幸いです。

WILDPITCH BASEBALL CLUB クラブ代表/Jr.監督

大田 武德 

経験豊富で個性豊かな指導人材および運営スタッフが選手の夢を後押しします!

菊池 栄次郎

指導統括/U-15監督

瀬谷シニア→鎌倉学園高等学校。高校卒業後も専門学校で硬式野球を経験、以降は強豪軟式社会人クラブ『すがクラブ』にて、選手・コーチを経験して、現在はジュニア選手の育成に取り組んでいる。 当クラブでは、菊池を中心に学童~U-15世代にかけて一貫した指導方針・メソッドで育成に取り組んでいます。

大田 武德

クラブ代表/ジュニア監督

少年期の家庭環境の影響で満足な野球選手生活を送れなかった経験から、少年少女が長く、楽しく野球に取りくむことができる環境作りを目指してクラブを設立。IT 関連企業経営や学習塾やITスクールでの講師経験を活かし、独立リーグの運営支援や元プロ選手のセカンドキャリアのサポートなどにも従事。

伊藤 雄太

広報/ジュニアコーチ

野球歴は小学生~高校の計9年間。外野手・左投げ左打ち。民間会社の野球スクールでインストラクターのアルバイトを経験。野球を教える楽しさとやり甲斐が忘れられず、社会人9年目にしてネット検索でWILDPITCH を見つけ「少年野球の指導者になりたい!」と突然メールを送ってきてJr.のコーチとなる。「相馬雄太」の芸名で俳優としても活動しており、意外とたくさんのドラマやCMに出演している。論理的思考インストラクター資格保有。

WILDPITCH Jr.

NEWS

お問合せ

Contact

体験入団、平日練習、練習試合等、当チームへ興味・関心がございましたらお気軽にお問い合わせください。 以下のフォームからのお問合わせの他、LINE Official Account、Facebook、Twitterなど各種SNSからのお問合せも受付けております。
wildpitch_bbc
wildpitch_bbc
wildpitchbbc
(+81)050 5848 1770

〒211-0051
神奈川県川崎市中原区宮内2−31−13−201
BASEBALL FEED CLUB HOUSE内
WILDPITCH BASEBALL CLUB運営事務局

OFFCIAL SNS

OFFCIAL SUPPLIER